寝不足かなと思ったら|クマ はレーザーで簡単除去が常識な時代|美肌に前進
ウーマン

クマ はレーザーで簡単除去が常識な時代|美肌に前進

寝不足かなと思ったら

女の人

色のタイプで判断しよう

鏡を見て目のクマに気づいても単なる寝不足だと感じる人は多く、今日は早く寝ておこうと判断するでしょう。しかし、目のクマには寝不足による原因ではなく、何らかの病気のサインになっていることもあります。目の周囲は皮膚が薄く血行不良によって色合いがすぐに見て取れるという特徴があるので、眼精疲労やストレスによってすぐに変化するものです。基本的には青、黒、茶色の3つが目立ち、それぞれに原因が異なってきます。青クマは食生活の乱れ、喫煙、パソコンの使いすぎなどの眼精疲労が考えられ、女性ならホルモンバランスの異常もあり得ます。黒クマには皮膚の弾力を保つコラーゲンの不足、潤いを与える水分の不足による乾燥が考えられ、茶クマは目の擦りすぎによる色素の沈着、つまりアトピー性結膜炎などが考えられます。

体調不良のサインでもある

目のクマは大抵が栄養不足や目の擦りすぎ、肌の乾燥といった対処のしやすい理由ですが、中には病気によって引き起こされることもあります。血行不良によって青クマが発生しやすいのは上記の通りですが、鉄欠乏性貧血になると血液が不足して顔色さえ悪くなるので目のクマが余計に目立つようになります。また、甲状腺ホルモンの異常によるバセドウ病や肝腎の機能疾患、うつ病なども十分に考えられます。どの病気も安易に治療することはできず、早めの治療が必要となるものばかりです。目のクマを見たら寝不足という先入観があるので気づきにくいですが、こうした病気のサインにもなっているので、体の調子が悪いなと思ったら精密検査を受けて診察してもらうようにすると良いかもしれません。また、審美的に改善したいのであれば、美容外科の利用が最適です。美容外科では、目の下のクマに直接アプローチして治療を行ないます。